引越し荷造り|単身赴任で引越ししたい

MENU

単身赴任の引越し荷造り

新年度を迎える時期は引越しも多い時期と言えるでしょう。社会人に於いては、転勤や単身赴任が多い時期でもあります。単身赴任の引越しの荷造りについて考えてみましょう。

 

単身赴任は独身者だけでなく、家族持ちの方も対象となるため、それぞれに応じた荷物が必要となります。
荷物といっても現在は家具付き賃貸マンションなどもあり、単身赴任者には重宝する物件もかなりの数が存在します。
それでも、単身赴任の期間によっては、まるまる普通の日常生活をおくるだけの荷物が必要な場合もあることでしょう。
そうすると、荷物としては、家具、家電製品、普段着、背広、正装、履物、食器類、CD、DVDなどの娯楽ツール等、結構な荷物の量になることが考えられます。
そしていざ引越しとなると、順調に引越しを完了する為に、前もってしっかり荷造りすることは当然と言えます。

 

しかし、引越し先でも荷物が増えることもあるでしょうから、最初の引越しの荷物は少ないに越したことはありません。荷造りに関しては、大きい家具家電以外はほぼダンボールなどで梱包して中身の確認が出来なくなりますので、梱包した箱に何が入っているかを記入すると後で梱包を解く時に探し回る手間が減ります。
そして、壊れやすいものには必ず緩衝材で保護する、といっても新聞紙や余っているプチプチ、タオルや服、発泡スチロールをちぎったものなどを隙間に入れる程度です。
梱包が出来れば荷造りも多方出来たと言えます。
その前に予め、引越し業者に依頼するのか、自分で車を準備して引越荷物を積み込むのかを決めておかなければなりません。

 

また、自身で引越しをする場合は、荷物を上手に積み込まなければなりませんし、引越し先で荷物下ろし、家具家電の配置もしないとなりません。
それらをふまえて引越しの移動手段を検討しないといけません。
ただでさえ忙しいビジネスパーソンともなれば、出来るだけ単身赴任の引越しは手間をかけたくないことでしょう。
専門業者に依頼するにしても、自分で梱包までして準備している場合、積み下ろしと移動のみなら価格も下がるかもしれません。自身で引っ越すことも良いことですが、業者に依頼することも検討する余地があると言えるでしょう。