単身赴任の引越し注意点|単身赴任で引越ししたい

MENU

単身赴任の引越し注意点

家族の誰かが単身赴任になった場合、本当に引越しを突然しなければならない状況になってしまいます。単身赴任の引越しは家族全員の引越しとは注意点が少し違ってきます。そこで、単身赴任の引越しの注意点をまとめました。

必要な物をちゃんと確認する

家族で引越すのであれば不要品以外は全部送ってしまえばいいですが、自宅に残る家族がいる訳ですから、何でもかんでも持っていけばいいというものではありません。
単身赴任先の住居が広ければいいですが、ワンルームの場合はスペースにも限りがあります。
一人暮らしにあたって本当に必要なものだけを持っていく事が重要です。
また、残る家族の生活に大きな支障が出ないようにする事も重要です。
ひとまず明らかに必要そうな物だけを送って、不足しているものがあれば宅配便などで送るという方法もあります。
または改めて購入するという方法もあります。

 

間取りと部屋の寸法をきっちり確認する

持っていく物が決まったら、部屋の寸法と荷物のサイズを確認し、部屋に配置出来るかどうかを確認します。

 

新しく買い揃える物があったら、単身赴任先に送る

特に冷蔵庫などの家電を買う場合、いったん自宅に送ってもらってはいけません。
配線などの問題もありますし、その分だけ引っ越し費用が余計に掛かってしまいます。
必ず単身赴任先に配送を依頼して、可能であれば配線関係もその時にやってもらいましょう。

 

引越しに家族が付き添わない場合、箱詰めは自分で行う

単身赴任先への引越しの際に家族が付き添うなら問題ないですが、一人しか行かない場合は自分で箱詰めは自分で行うか、少なくともどの箱に何が入っているか把握してないと、いざ一人暮らしを始めた時に、どこに何が入っているかがわからなくなってしまいます。

 

引越し先の環境を調べる

例えば洗濯機は決して安いものではありませんし、サイズもとても大きいです。
コインランドリーが近くにあるのならば、そちらの方が結局安上がり、という事も考えられます。
近くに代替手段があれば、そちらを検討するという手もあります。