単身赴任の引越しのコツ|単身赴任で引越ししたい

MENU

単身赴任の引越しのコツ

単身赴任の引越しのコツについて考えてみましょう。
単身赴任と言っても、独身の方も家族持ちの方もおられます。ここでは、双方に共通する内容で見ていきます。順序として、引越し前、引越し時、引越し後のポイントついて説明します。

 

まず、単身赴任が確定した時、転勤先の住所から出来るだけ近くで住む場所を探します。就業時間外であっても、急に大切な仕事が発生した場合すぐに会社の機材が利用出来る為です。それでなくても、新しい赴任先で慣れるまで時間がかかるかも知れない状況で、仕事のことで慌てるのは混乱を招きかねませんので、住む場所と職場は近い方が便利です。
住む場所を決めるのに、周辺に衣食に便利なお店があるか、万一のためにコンビニも近くにあるか調べて、それらが近くにある場所をさらに検討します。持病がある方は専門の病院が近くにあると便利です。せめて総合病院か内科くらいは近くにあった方が良いです。

 

住む場所が決まったら・・・

次に新居が決まりましたら、いよいよ引越しです。
まず、引越しの日程を確定します。
そして、引越し業者に依頼する場合は数社相見積もりを取ります。その時、引越しの内容を具体的に業者に伝えておかないと、業者も正確な見積もりが作りにくいです。
そして、金額もそうですが、サービス内容も検討して引越し業者を確定します。
ご自身で引越しされる場合は、トラックのレンタルと手伝いの人員を手配し、当日の段取りを決めておきます。転出届けの手続きも市町村役場で済ませておきます。水道・ガス・電気・電話の利用停止手続き、新居でのそれらの利用開始手続きも忘れないようにします。
そして引越し当日、朝から仕事と同じ緊張感を忘れずに、引越し業者との応対、指示をしなければなりません。
自分で引越しをする場合、手伝いの友人や知人に段取りを説明して引越し作業に入ります。
いずれも、よく作業の動向に注意しておき、要望と違う、または何か変更が有ればすぐに作業者に伝えることです。
そして、無事新居に荷物が配置されたら、あとはご自身で、細かい荷物の片付け配置をします。事前に水道・ガス・電気・電話の開栓手続きは済んでいますので、すぐ新しい生活を始めることが可能です。
あとは、転入手続きを2週間以内に済ませれば引越し完了です。