単身赴任の引越しに必要なもの|単身赴任で引越ししたい

MENU

単身赴任の引越しに必要なもの

単身赴任の引越しに必要なものについて見て行きましょう。
ここでは、長期赴任で自身で車を使用して引越しをするという想定をしてみます。

 

単身と言っても、荷物が少ない方はそうはおられないでしょう。荷物整理も大変です。
そして、余分な物を処分しなければなりません。
まずは荷物を整理し、梱包するダンボール箱が要ります。
近くのスーパーなどに行けば、自由に持って帰れる空のダンボールがもらえるはずです。そのダンボールを梱包するガムテープも要ります。テープは値段が安い紙ガムテープではなく、布ガムテープを準備しましょう。

 

貼り重ねが出来るので、作業性がよいです。食器や小さい家電には箱の隙間に新聞紙などの緩衝材が必要です。
あと、雑誌などの紙類もダンボールに詰めるのが良いですが、箱が足らなくなった場合などを考えて、荷締めひもも準備しましょう。
何かと使う場面がでてきます。そして、引き出しなど動くと飛び出すものや、ガラス扉などは、ガムテープでも良いですが、のりが残っては困りますので、工事などで使う、養生テープの幅の広いものを使うと、粘着力が少し劣る分、はがした跡が綺麗です。ホームセンターで準備しましょう。

 

次に一番大事な、荷物を移動するためのトラックが必要です。
会社にトラックがある方は別として、普通はレンタルトラックを借ります。
案外、トラックは利用頻度が高いので、早めに予約を入れておきましょう。
返却も含めれば、1日では済まない場合もありますので、移動距離によっては2日借りることもありえます。

 

トラックが準備できたら、荷物全体を縛るトラック用ロープが必要です。あと、荷物の安定とふいの雨を想定して、ブルーシートもホームセンターで準備しておきましょう。
いざ荷物をトラックまで運ぶのに、カート有れば便利です。引越し先でも使用しますし、値段も安い物がありますので準備して損は無いでしょう。
また、引越し中に出るゴミやホコリなどのために、マスクと軍手は必須です。
ゴミ袋も大きいものを準備してあちこちにゴミを置かないようにしましょう。
掃除は最後は掃除機が荷物に乗って使用できないので、部屋用のホウキとちりとりも簡単なものでいいので、準備しておくと最後に焦らずにすみます。