必要なお金|単身赴任で引越ししたい

MENU

単身赴任の引越しに必要なお金

突然の転勤や期間が決まっている転勤の場合、単身赴任になることが多いです。
単身赴任の引越しでは、引越し費用や借家の契約に必要な費用など、まとまったお金を用意しなくてはなりません。
賃貸契約に必要なお金は、一般的には家賃の約6ヶ月分と言われていますが、マンスリーマンションのように初めに入居の期間を決める場合などは契約方法が通常と違うことがあります。

 

引越し費用を、ある程度は会社が負担してくれる場合もありますが、単身赴任だと自宅に残す物が多く、新しく購入しなければいけない物が増えるため、自己負担金も多少なりとも必要になるでしょう。
期間の決まっている転勤なら、家具、家電付きの賃貸住宅を選ぶと引越し費用が抑えられます。

 

しかし期間が決まっていなくて、長期の単身赴任になる可能性が高い転勤は、最初にかかるお金は高くなるかもしれませんが、家具、家電付きではなく、家賃を重視して、できるだけ家賃の安い住宅を選んだほうが後々の費用は安く抑えられます。
その場合、家電は省エネの製品を購入すると光熱費節約になります。

 

また家具など大型のものを購入する時に、引越し先の地域の店があまり安くなかったり、近くに店がないという場合には、通販を利用すると便利です。
ただ送料や配達までにかかる日数のチェックは必ずしてください。
引越し費用は地域によっても変わりますが、引越し業者の単身パックなら大体2万円前後は必要でしょう。
引越しの見積もりはインターネットで価格などを比較すると簡単に選べます。
申し込みもネットできる業者なら、依頼先が決まった時点で申し込みができます。

 

実際に引越し業者の人に会って見積もりをしてもいいのですが、セールストークで不必要なオプションを付けられて追加費用を取られてしまう心配があります。
セールストークを全て信用してしまいがちな人は、ネットでの申し込みが無難な方法と言えます。
単身赴任は自宅の生活費も必要となるので色々な費用を抑えたいものです。
特に引越しというのは、単身赴任に限らず、思ってもいなかったことにお金がかかることがあります。
できるだけ費用を抑えて、少しでもお金に余裕を持っておいたほうが、いざという時に安心でしょう。